カシムのブログ
 30-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/01/17 


カシム「出張から帰ってきたぞな」

タタロ「あれ? 見ないと思ったら出張でしたか。えーっとココット村ですか?」

カシム「偏見に満ちた目で見るのはやめてくれぇぇ!!。ちがう! 普通に仕事だ! ほら、おみやげ」

タタロ「へぇ? 珍しいですね。なんですか?」

カシム「ブシドーブレード

タタロ「…」(無言でゴミ箱へ投げ捨てる)

カシム「うお! なにすんだ! 100円を!」

タタロ「安っ! つーか、そんな即死ゲーいらないです」

カシム「ある意味素晴らしい作品じゃないか」

タタロ「あんたのオススメほど信用ならないもんはないです」

カシム「なんだとっ」

タタロ「ろくな作品出てきたためしがないじゃないですか。じゃあ例えば格闘ゲームで何かオススメありますか?」

カシム「バトルモンスターズ」

タタロ「誰が知ってるんですか

カシム「セガサターンソフトだ。魔物や悪魔同士が闘う18歳以上推奨格闘だぞ。グロいかららしいが、どこをどう見たらグロい表現なのかちっとも謎な格闘ゲームだ。ちなみに中途半端に実写」

タタロ「これっぽっちもやりたいと思わないんですが」

カシム「じゃあ、大江戸ファイトでどうだ」

タタロ「…いや全然聞いたことないんですけど」

カシム「残念ながらコンシューマー移植はされてなかったと思うが、アーケードで好評稼動していたんだ。地蔵や河童が闘ったりするんだぞ。ちなみに中途半端に実写だ」

タタロ「なんで、そんな実写ばっかり推すんですか」

カシム「滑稽じゃん?」

タタロ「あんたの『おもしろい』はひねくれ過ぎです」

 29-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/01/12 


カシム「かあさんはどこだー!」

タタロ「実家にいるでしょうが」

カシム「うむ、そうなんだが、今のはFF7アドベントチルドレンの台詞を引用したわけであって、別に俺は母親を探したり自分探しの旅にでたりしてるわけではないんだ」

タタロ「あれ? もうFF7クリアしたんですか?」

カシム「してないぞ、と」

タタロ「してないけど、DVDを見てるわけですか」

カシム「みてないぞ、と」

タタロ「…。正直、いまさらFF7かぶれられても困るんですが」

カシム「俺もそう思ってたところだ」

タタロ「時代錯誤してますね」

カシム「一週回って時代の最先端かもしれんぞ」

タタロ「…またよくわからないこと言い出しましたね」

カシム「レトロブームってやつだ」

タタロ「FF7は別にレトロってわけでもないと思うんですが」

カシム「…じゃあ、トトロブームってことでどうだ」

タタロ「いや、ほんとうにわけがわからんのですが。一文字変えたからどうしろと」

カシム「あー、今のクオリティでFF7リメイクしてくれないかなぁ」

タタロ「それいいですね。ちょっと欲しいかも」

カシム「でも、その前にFF3のリメイクを早く出すべきだと。ちゃんと出るのかアドバンス」

タタロ「…FF3のためにワンダースワンを買った人、うかばれないですよねぇ…」

 28-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/01/11 


カシム「クラウドぉぉぉぉぉぉ!!」

タタロ「FF7ですか」

カシム「うむ。ようやくクラウドがパーティ復帰しました」

タタロ「なにげにディスク2ですね」

カシム「やっぱストーリー忘れてるわ〜。クラウドってソルジャーになれなかった奴だったんだねぇ。普通にソルジャーとして記憶に刻み込まれてたよ」

タタロ「プレイしなおして良かったですか?」

カシム「うむ。…でもよくよく考えたら、アドベントチルドレンにダイジェストムービーか何か入ってた気がするんだが…」

タタロ「…。プレイは無駄になりますか?」

カシム「…かも」

 27-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/01/09 


カシム「うおおおおお〜〜!!」

タタロ「どうしたんですか? そんなむせび泣いて」

カシム「エアリスが、エアリスが死んじまったよぉ」

タタロ「FFっすか。エアリスファンでしたか」

カシム「どちらかといえば、ティファ」

タタロ「…あ、そっすか」

カシム「いやぁ、しかし、全然ストーリー覚えてないもんだなぁ」

タタロ「言っても10年近く前の作品ですしね」

カシム「アドベントチルドレンのDVD見たときさ、『ジェノバ』ってのがなんだったのか全然おぼえてなかったんだけど、FF7プレイしてたら、ガンガン出てくるしストーリーのキーだし、なんで覚えてなかったんだ俺」

タタロ「ボケはじめましたか」

カシム「そんな歳じゃないぞ」

タタロ「脳年齢は20歳でしたっけね」

カシム「…もっと脳を鍛えるだと36歳になりました」

タタロ「実年齢超えてるじゃないですか」

カシム「うむ…国語は苦手だ」

 26-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/01/06 


カシム「見極めた」

タタロ「何をですか」

カシム「PSのディスクを読み込んでくれない借りてきたPS2だ」

タタロ「はぁ…?」

カシム「5分放置してたら起動するみたいだ!!」

タタロ「また気の長い話ですね。というかよく起動するまで待ってましたね」

カシム「ははは、俺は壊れかけのPCエンジンでぷよぷよのローディングを30分待った男だぞ」

タタロ「また、懐かしいものを…」

カシム「これで、FF7が遊べるどー!」

タタロ「しかし、今さらFF7とは…」

カシム「えー。FF7はじめてる人結構いると思うけどなぁ。いや、俺の周りではいないけど」

タタロ「ダージュオブケルベロスをやる前に…ですかねぇ」

 25-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/01/04 


カシム「買ってきたどー!」

タタロ「うわ、本当にPS2買ってきたんですか?」

カシム「いや、FF7」

タタロ「…本体は?」

カシム「借りてきた」

タタロ「あ、そーですか」

カシム「これでFF7を復習して、アドベントチルドレンを見て、ダージュオブケルベロスをプレイすると完璧なるコンボではないですか!?」

タタロ「クラウド三昧ですか。あんたどこの婦女子ですか」

カシム「いやむしろユフィ三昧」

タタロ「…どこのオタクですか」

カシム「うるへー」

タタロ「まあ、好きにしたらいいとは思いますが」

カシム「さープレイするぞー!!」









タタロ「…どうしたんですか? 遊ばないんですか?」

カシム「…ディスク読み込まない…しくしく

 24-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/01/03 


カシム「ダージュオブケルベロス」

タタロ「どうしたんすか?」

カシム「ゲーム屋でムービーぼーっと見てたんだが。3周ほど

タタロ「そんなにっすか」

カシム「いや、これが画像も演出も綺麗でさぁ。ぐんぐん引き込まれちゃったわけ。アドベントチルドレンと同じクオリティのムービーが流れるんだぞ!?」

タタロ「あのFF7のDVDですね。あのクオリティですか。それはすごいですよ」

カシム「ヴィンセントってこんなに格好良かったっけー? とか、ユフィ可愛い〜! とか、最終的においしいところもっていくのはクラウドに違いない。とか色々思った」

タタロ「邪推しすぎです」

カシム「なんかFF7再プレイしたくなってきたなぁ。でもPS2ないんだよなー」

タタロ「残念ですねぇ」

カシム「…買うか」

タタロ「!? マジですか? とうとう買っちゃうんですか!?」

カシム「だって、モンスターハンター2とか、魔界戦記ディスガイア2とか、よさげなソフトでるじゃんかー! うおー!」

タタロ「半年ゲーム断ちしてた人が壊れていく…いや元にもどっただけですか」

カシム「うー、ちょっと前まで、もう俺はゲーム卒業したと思ったのになぁ。モンスターハンターポータブルが俺の運命をかえてしまった…!」

タタロ「責任転嫁はやめましょう」

 23-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/01/02 


タタロ「…おーい。…カシムさん? どうしたんですか? そんなとこでなにしてるんですか?」







へんじがない。ただのしかばねのようだ。





タタロ「…そっとしておこうかな。仕事でお疲れだろうし」

 22-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/01/01 


カシム「そんなにめでたいか」

タタロ「いきなりですね。新年のあいさつそっちのけですか」

カシム「だってお前、いまどこでも『おめでとうおめでとう』って皆書きまくってると思うぞ。ここはあえて反骨精神をみせねば」

タタロ「なんでそんなにひねくれてるんですか」

カシム「ほっとけ」

タタロ「でも新年ですし、やっぱおめでたいんじゃないですか?」

カシム「年が明けるのがそんなにめでたいのか? 年が明けたからといって何かいいことあるのか?」

タタロ「うーん、そう言われると困るんですが」

カシム「業種が業種なだけに休みはないし、一応社会人だから甥とか姪とかにお年玉あげないといけないし、TVはつまらん特番ばかりやってるし、イベントの黒龍には返り討ちにされるし、何がめでたいのかと」

タタロ「すごいせこい不幸ばかりですね。んーでもまあ確かにそんなにめでたいものでもないんですかねぇ」

カシム「だろ? お年玉を貰えない年齢になった時点で、正月はめでたくなくなるんだよ!」

タタロ「んー。そうですねぇ。でもこういうのはイベントですし、お祭り騒ぎでいいんじゃないですか」

カシム「仕事で疲れててお祭り騒ぎなんてしてられない…今日も明日も仕事だし」

タタロ「ごくろうさまです。あ、そういえばカシムさん以前に年末ジャンボ買ってましたよね?」

カシム「三枚な」

タタロ「せこい買い方してますね」

カシム「うるさいな」

タタロ「当選番号発表になってますよ」

カシム「どーせあたらんよ。でもまあどれどれ…」

タタロ「あー、僕は全滅だぁ」

カシム「うあ…当たった」

タタロ「え!?

カシム「3000円当たった」

タタロ「…マジですか?」

カシム「マジ」





カシム「いやーめでたいですね。新年明けましておめでとうございます! 今年もいい年でありますように。どうぞみなさんよろしくお願いします

タタロ「うわーなんだコイツ」

 21-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/01/30 


カシム「NOOOOOOOOOOOO!!!!!」

タタロ「うるさいですよ、何事ですか」

カシム「脳年齢が…44歳だとぉぉぉぉぉぉ!!?」

タタロ「あれ? 脳を鍛えるDSトレーニングですか」

カシム「もっと脳を鍛えるDSトレーニングの方だ。新しい方な。前作はもうずーーーっと脳年齢20歳だったんだが」

タタロ「新しい作品でやってみるとぐぐっと年齢あがっちゃったわけですね」

カシム「これはいったいどういうことだっ」

タタロ「新しい問題に直面して、その解法がわからなかったってことでしょ? つまり応用力がないんですよ

カシム「な、なんだってーーーー!?

タタロ「いや、MMRはいいですから」

カシム「漢字書取とか、合成漢字とか、全然わかんねぇ…。つーか合成漢字って脳内サプリの合体漢字じゃねぇかよ!!モヤットモヤット

タタロ「モヤっとボール投げないでください」

カシム「あーくそー。明日頑張ろう…」

タタロ「ていうかDSもってましたっけ?」

カシム「ん? …うちの母者のだが」

タタロ「あ、そうですか…」