カシムのブログ
 80-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/04/04 


カシム「さて、ゲームをプレイしてないんだが」

タタロ「新作情報とか持ってないんですか?」

カシム「ヤンガス人気ねぇな」

タタロ「…どう解釈しろと」

カシム「あと2週間もすれば彼の人気が実際はどうだかわかるという公開処刑」

タタロ「あー、20日発売の不思議のダンジョンですか。不思議のダンジョンシリーズって人気あるんじゃないんですか?」

カシム「…だからヤンガスに人気がないんだろ?」

タタロ「そーでガス。いや、そうじゃなくて」

カシム「ゲルダの不思議のダンジョンなら売れたかもしれん」

タタロ「まだ発売すらしてないのに…」

カシム「拙者もおもしろそうだとは思ってるんだけど、たぶんコレ買わないんだよねぇ〜。そもそもいままでの不思議のダンジョンシリーズでやったことあるのはチョコボだけなんだけどね。毎度毎度LV1に戻るのが嫌でやってないんだけど」

タタロ「それがシステムを引き締めてるんじゃないんですか?」

カシム「あと、トルネコのオッサンが好かんのでやってないんだけど」

タタロ「それはただの好き嫌いですね」

カシム「あれも、アリーナの不思議のダンジョンだったら買ってたかもしれん」

タタロ「つーか、あんたの好みの問題でしょそれ」

カシム「パンネロの不思議のダンジョンなら即買いなのだが」

タタロ「あんたナルビナ城砦地下牢あたりに一回放り込まれたほうがいいと思いますよ」

 79-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/04/01 


カシム「いやーついにNintendoDSLiteが市場で普通に買えるようになったね」

タタロ「えええ!? 本当ですか?」

カシム「大手家電屋とかでは普通にならんでるんじゃない?」

タタロ「友達欲しがってるんですよぇ。ちょっと行ってきますね!」

カシム「あっ…! …………………………エイプリルフールなんだが…


--------------------------------------------


カシム「おかえり」

タタロ「…月夜の晩だけと思わないほうがいいですよ」

カシム「いや〜わるいわるい。でも、ホントいまだにDSの生産が追いついてないのがアホらしくてしょうがないよな」

タタロ「いつになれば欲しい人が買えるようになるんでしょうか。正月ぐらいから欠品しはじめましたからもうそろそろ4ヶ月ぐらい経ちますよ」

カシム「公式発表では3月中にLiteを45万台出荷できたそうだが、その大半は都心部の大手量販店に流れてるっぽいよなぁ」

タタロ「僕らの地域、どこのお店も全然入荷があったそぶりないですもんね」

カシム「これはあれか? 秋葉原か日本橋にでも行けといってるのか? 無茶いうな」

タタロ「やっぱりオークションですかねぇ」

カシム「やめといた方がいいよ?」

タタロ「? どうしてですか?」

カシム「詐欺が横行してるみたいだし。なんか被害者の数とんでもないことになってたぞ。あれ被害総額100万超えてるんじゃないかなぁ?」

タタロ「オークション詐欺ですか…。最低ですね」

カシム「普段ヤフオクとか利用しない人が、DSLite欲しいのにどうしても手に入らなくて頼みの綱にヤフオクを利用して詐欺られたりしてんじゃないの? 普段から利用してる人が騙されたなら…まあ、もうちょい気をつけなさいって感じだが」

タタロ「いけるところの販売店探し回って、すがりついたオークションで詐欺られるとか、どんなけ残酷物語なんですか」

カシム「任天堂がちゃんと生産してればこんな被害者もでなかったろうにな。いや、もちろん悪いのは詐欺師なんだが。70億もどっかに寄付する金あるなら生産工場なんとかしろよって話でさ」

タタロ「あーそういえば前にそんな話ありましたね。病院に寄付したんでしたっけ。ゲーム知らない人から見ればすごく良いことしてるとは思うんですが」

カシム「ん〜でも、まあ、確かにそろそろ数量まとまってでてくるんじゃねーの? って気はしてるんだが」

タタロ「気長に待つしかないですねぇ」

カシム「もしくは本当にやりたいゲームがあるのか冷静に考えてみなさいってことで。脳ゲーだけだと飽きるよ?と言っておこう」

タタロ「5月に出る『Newスーパーマリオブラザース』はやりたいんですけどねぇ」

 78-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/03/31 


カシム「いたストポータブル欲しい」

タタロ「また突然話が飛びましたねあんた」

カシム「5月25日発売なんだよね。その頃には拙者も今住んでる場所には確実にいないわけで、ネット環境もろもろどうなってるかサッパリわからんが、ただ一つ言える事は、携帯ゲーム機は環境が変わっても支障なく使えるということなんだ」

タタロ「TVもネット回線もいらないですもんねぇ」

カシム「そしてなにより、パンネロ出てるよパンネロ」

タタロ「…まあ、パンネロに限らずFF12のメインキャラは全員出てるわけですが」

カシム「SDになっても可愛いよパンネロ。他のキャラはSDなんかちょっと微妙だけど」

タタロ「トロデ(ドラクエ8)も出てますよ」

カシム「いらん」

タタロ「即答ですか」

カシム「あと、FF3のマップからクリスタルタワーが! …クリスタルタワーって何だっけ!?」

タタロ「…どこでしたっけ? というか、FF3はいつになればリメイクされるんでしょうか」

カシム「DSで出すんだっけ? 本当に出るのかねぇ。ラスボス前にセーブポイント増やしてくれるかねぇ」

タタロ「四天王に全滅させられるとやる気なくすんですよね」

カシム「まあ、結局くらやみのくもに殺されるわけだが」

タタロ「…懐かしいっすね」

カシム「で、クリスタルタワー思い出したか?」

タタロ「いやーどうですかね。ラストダンジョンだったような気もするんですが」

カシム「…ググるか。『クリスタルタワー』っと…」

タタロ「ほぅ」

カシム「『クリスタルタワー貸し会議室のご案内: 大阪城を眺めながらとても気持ちよく会議ができます。 JR環状線「京橋駅」・京阪本線「京橋駅」から徒歩約10分』」

タタロ「…」

カシム「…これか?」

タタロ「んなわけないでしょ」

 77-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/03/29 


カシム「更新できるかぁぁぁぁ!!」

タタロ「あ、おつかれさまです」

カシム「何この忙しさ。お仕事わっしょい」

タタロ「そんなに忙しいんですか? 大変ですね。そーいえばFFどこまでいきました?」

カシム「クリアした」

タタロ「ゲームやってるじゃないですか

--------------最後のFF12話----------------

カシム「うん、そう。ゲームはやってる。悪い?」

タタロ「なんですかその開き直り。いや、悪いとは言いませんが」

カシム「でも、ようやくFF12クリアしたぞ! って前回日記書いたあと数時間でクリアしたから実は2,3日前なんだが」

タタロ「70時間ちょいで終わると?」

カシム「平均値はわからんぞ。俺は結構無駄足踏んだ気がするし、さらにサブイベントを中途半端にやってるんで」

タタロ「もっと短縮はできそうですね」

カシム「はじめからやりたいんだが、流石に時間がない。暇になるまでは放置だなぁ。というわけで…………………………………………FFネタバレ祭りじゃあああああ!!!!

タタロ「ええ!? そんな! まだプレイしてる人も山ほどいるんですよ!?」

カシム「そんなん知るかぁぁーーー!!! いくぞーーー!!」



〜〜〜〜〜〜〜〜〜20分経過〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



カシム「というわけなんだよ」

タタロ「…ううう、全部話された…もう続きやる気にならないです…」

カシム「結局、俺の中で一番苦戦したのはボムキングだったんだが」

タタロ「あとはちゃんとLVあげできてたとかそういうことでしょう」

カシム「ガンビットをしっかり組んで、ときどきうまく手動で操作してやればなんとかなるもんだよ」

 76-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/03/25 


カシム「FF12現在70時間…終わりが見えません…」

タタロ「今回長いですねぇ」

カシム「こんなに長いと予想してなかった。40時間ぐらいで終わるんじゃねーの的考えでプレイしてたんだが…100時間突破するんだろうなぁ」

タタロ「長く遊べる方がコストパフォーマンスが良くていいじゃないですか」

カシム「…拙者に残された時間はもうあんまりないんだが…」

--------------FF12の話もありつつ---------------

カシム「引越しも差し迫り、ネットできる期間もあと2週間ほどとなりました」

タタロ「よ、引越し貧乏!」

カシム「…マジお金ないお。フィールド上歩いてるモンスター狩ってドロップアイテム売って生計を…」

タタロ「FFと現実をごちゃにしないでください」

カシム「…フィールド上歩いてるモンスターを狩って素材を売って生計を…」

タタロ「…言ってることほとんど変わってないですけど、それはモンスターハンターですね…? いや、ゲームと現実をごちゃにしないでください」

カシム「とほほ。とりあえず、忙しくなるから今の間にクリアしてしまいたんだがなぁ。…FF12長いよ。期限がなければのんびり楽しめるんだろうなぁ…ちくしょう。はやくクリアしてモンスターハンター2もやりたいのに〜」

タタロ「それも時間かかるゲームですしね…」

カシム「たぶん、FF12も終盤だとは思うんだけどねぇ。オプションライセンスは全部埋まったし、魔法も『ガ』系埋まったし、装備系ライセンスも10ちかくになってきたし〜」

タタロ「でも、召喚ライセンスがあんまり集まってない気がしませんか?」

カシム「本筋だけでは埋まらないということかな? なんかラバナスタでサブイベントいっぱい発生してた気もするけど、あんまりサブイベントやってないんだよなぁ。モブ狩りもCランク止まりだし」

タタロ「本気で隅から隅まで遊びこもうと思ったらどれだけ時間かかるんでしょうね?」

カシム「時間があれば、そこまでやりこみたいけどねぇ。金稼ぎでかなり時間費やしてきたような気もするから、ここからは全力を挙げてメインストーリーを踏破していきたいと」

タタロ「そういや、今はお金困ってないみたいですね」

カシム「ゲーム内はな…つーか某所に行って帰ってきたら20万ギルぐらいになった…。長い間ショップなかったからだろうけど、ケアルガやらスリプガやら買ってなかった魔法やら技やら買ってもお金残ってる。素敵だ」

タタロ「そこまで1万ギル貯めるのも困ってたのに」

カシム「む……………バランス悪い?」

タタロ「そこまでで金貯めという名のLVあげのおかげで特に全滅もなく来れたんでしょ? いいんじゃないですか?」

カシム「むむむ…そうか」

 75-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/03/24 


カシム「…は! 寝てた!」

タタロ「おはようございます」

カシム「まさかFFやりながら寝てしまうとは…モルボルの『くさい息』を食らったところまでは覚えてるんだが…」

タタロ「…プレイヤーにステータス異常きましたか」

--------------FF12ナガイ----------------

カシム「よかった全滅してない…。組んでて良かったガンビット」

タタロ「しっかり組めばオート戦闘で乗り切れますもんねぇ」

カシム「というわけで、今日はガンビットメインで話をしよう」

タタロ「とりあえず、優先させたいのは回復系ですよね。『HP<50%の味方 ケアル』みたいな」

カシム「必要必要。ケアルとかケアルダとかはLVに応じて変えればいいかと。優先順位1か2あたりにもってきたいところ。あとは『味方1人 レイズ』もしくは『味方1人 フェニックスの尾』を1か2に入れておきたい」

タタロ「それ思ったんですけど、生きてる味方にレイズしたりしないんですか?」

カシム「効果がミスになるような使い方はしないみたい。優先順位1でも全員生きてるなら2以降のガンビットが適用される」

タタロ「へぇ〜。そうなんですか。バルフレアがおせっかいなやつになるみたいな説明してたからてっきりずっと使い続けるのかと思ってました…」

カシム「『味方1人』は相当使い勝手いいよん。『味方1人 エスナ』『味方1人 プロテス』『味方1人 シェル』『味方1人 ヘイスト』などなど」

タタロ「『味方一人 レイズ』はいいんですけど…、じゃあ『戦闘不能の味方』ってガンビットはどう使うんですか…?」

カシム「…………………さあ?」

タタロ「…………………役立たず?」

カシム「だって、『味方一人』で事足りるし…あと『自分自身 ライブラ』も便利。パーティーリーダーにするやつのガンビットに組み込んでおくといいね。バングル装備してもいいんだけど、アクセサリー埋まっちゃうし、かといっていちいちライブラ手動でかけるのも面倒だから、ガンビットにいれておくと楽」

タタロ「戦闘でライブラされたくなかったら、優先順位最下位にしておけば、戦闘後にライブラ切れてたらライブラしてくれる、というわけですね」

カシム「優先順位1、2はどのキャラも『味方一人 レイズ』『HP<50%の味方 ケアルダ』で固定して、リーダーにしてるヴァンとアーシェは最下位に『自分自身 ライブラ』いれてる。ああ、そうだ。魔道師型に育ててるキャラは『HP<60%の味方 ケアルダ』にして、他のやつらより優先的に回復するようにもしてるね」

タタロ「あとは、プロテスやらシェルやらはお好みにあわせていれればいいわけですか」

カシム「俺はプロテスとシェルは入れてるねぇ。ヘイストも入れた方がいいかと悩んでるところ」

タタロ「雑魚戦闘のときは『盗む』をガンビットに組み入れたいですよね。お金集めたいし」

カシム「キャラAに『HP=100%の敵 盗む』を入れて、キャラBに『HP=100%の敵 たたかう』をいれておけば、だいたい1回ぐらいはチャレンジしてくれるよ。『HP=100%の敵 たたかう』を入れないと延々盗み続けるし、盗み失敗してもリトライチャンスはほとんどないからあんまり確実ではないけど」

タタロ「なるほど」

カシム「俺は普段は封印して発動しないようにしてるけどボス戦用に『目の前の敵 盗む』というガンビットを付けてる。ボス戦の時は発動させて全員で盗み大会。盗めたらまた封印して、普通にガンビットバトル」

タタロ「アイテム欲しい人向きですね。『瀕死の敵 密猟』も入れておいていいかも」

カシム「ボス戦のときは封印しないといけないけどね。ボスにも密猟しようとするから」

タタロ「『HPの低い敵 たたかう』なんかも結構重宝しますよね」

カシム「集中攻撃するのにね。あと、魔法よくつかうキャラは『MP<10%の自分自身 チャージ』なんかもいれてる」

タタロ「こうやって話してるとガンビットにはまだまだ改良の余地がありそうですね…」

カシム「俺ももっと良い組み方ないか模索中。パーティ固定したから役割分担でもっとうまくできそうな気がするんだよね」

タタロ「そうですねぇ、僕も考えてみますわ。ああ、そういえばガンビットじゃないですけど技の『無作為魔』がおもしろいですよ。ランダムに黒魔法1回発動する技なんですが、自分が所持してない黒魔法が発動することもあるみたいで、フレアーとかコラプスとかの強力魔法がでるとラッキーです」

カシム「む、そうなんだ? 自分が所持してるやつだけかと思ってた。『無作為魔』は技だからMP使わないんだよねぇ〜? …ガンビットにいれてみるかな」

 74-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/03/22 


カシム「某巨大掲示板の全滅スレがおもしろい。なんでみんなそんなに全滅するんだ…?」

タタロ「スレ見てると、皆の到達レベルとあんたのと随分差がありますね。あんた上げすぎ」

カシム「真面目に金稼ぎしてればおのずとLVも上がるんだが…」

タタロ「でも、あんた今のとこボス戦で一回も全滅してないですもんねぇ。たいしたもんですよ」

カシム「最初のころに雑魚戦で全滅したぐらいかなぁ。あ、でもデーモンズウォール1回目で逃げずに戦って全滅したぞ。放置したままだわ、あそこ」

---------------FF12トーク------------------

カシム「そういや、なんかなにげに声優さん良くね?」

タタロ「有名どころが結構出てるっぽいですね。で、ヴァンだけ浮いてるとでもいいたいわけですか?」

カシム「そこなんだよ、実は俺もよくよく考えてみたんだが、今となってはヴァンの声はコレじゃないと駄目だと思えるんだよ」

タタロ「慣れましたか」

カシム「なんていうかさ、この、ストーリーに密接に絡まない主人公だからこそ、なんかどこか一本大事なネジが抜けてそうな主人公だからこそ、あえてこの声なんじゃないかと思うんだ。これは絶対武田氏も狙って演技してるよな!?

タタロ「…深読みしすぎでしょ

カシム「俺が精一杯善意的な解釈をしてやってると言うのに…」

タタロ「僕は若本さん出てたからかなり満足ですけどね」

カシム「シドの声聞いたことある気がするんだけど、…誰だろう」

タタロ「今回のシドは敵なんですねぇ…」

カシム「マッドサイエンティストっぽくなってるのぅ。こういうキャラも嫌いじゃないが。まあ良かろうと悪かろうと目の前に立ちふさがる敵ならブッコロしかないわけで」

タタロ「なんかサクッと倒しましたね」

カシム「ボス戦で苦労したのって、マティウスとボムキングぐらいで。ミストナック活用してる人はもっと低レベルでも簡単に勝ち進んでるんだろうけどねぇ。俺は全然活用できてないや。でも、ゴリ押しで勝てるけど」

タタロ「それだけLVあがってるということですかね?」

カシム「研究所終了時点で平均LV35。高いのかどうか比較対象がないからわからんのだけど…あとプレイ時間44時間ね」

タタロ「…発売一週間で44時間て。社会人がどーしてそこまでできるのかと」

カシム「例によって睡眠が…。あと休日が…」

タタロ「身体壊さない程度にしなさいよ。迷惑ですから」

カシム「へーい」

 73-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/03/21 


カシム「今日はあまりすすまんかったな」

タタロ「金稼ぎしてたからでしょう。2時間も」

カシム「だって、装備全然整ってないし〜。金のブレスレット全員に揃えたかったからねぇ」

タタロ「なんですかそれ?」

カシム「装備してればLP入手が2倍になるという優れもの」

タタロ「ほほぅ、それは便利ですね」

--------------FF12であります---------------

カシム「モスフォーラ山地の狼系の奴で金稼ぎウマー。チェインしやすいし、一時間もかからず2万近く稼げる。現進行度では一番稼ぎやすいかと」

タタロ「まあ、どんなに稼いでもショップで買い物したら瞬間でなくなるわけですが」

カシム「ホントね、金に困るゲームだよな。現実の世界でも金にヒーヒー言ってんのになんで、ゲームの中でまで…って思うが、これ毎度言ってる気がする」

タタロ「RPGは基本的にお金に困る時が多いですからねぇ」

カシム「ヴァン・パンネロをバトルメンバーから外して金稼ぎしてたおかげで他の方々がLV32まで追いついてきた」

タタロ「ようやく平均化されてきたわけですね」

カシム「完全平均化したあかつきには、『ヴァン・パンネロ・バルフレア』チームと、『アーシェ、バッシュ、フラン』チームに分けて行動させよう…」

タタロ「チーム内メンバー固定ですか。役割分担はしやすそうですね」

カシム「あ〜、ラーサーとかレックスとかパーティに入れられたらなぁ〜。あと胸毛濃い貴族。名前忘れた。声アナゴさん」

タタロ「アルシドですね。若本さんボイス超かっこいい」

カシム「いよぅ〜フグタくぅん〜。ぶるらぁぁぁぁ!とか言ってくれないもんかね」

タタロ「無理でしょ」

カシム「そういう素敵なキャラクターがNPC終わりなのが無念。今後もメインキャラとしては入ることはないだろう…。あと、パーティ5人ヒュムで残り1人ヴィエラて。あんなに種族設定いっぱいあるんだから他の種族も仲間にいれてくれてもいいのに。無念」

タタロ「モーグリがすごいラブリーですよね」

カシム「モグシーで移動してもらった時のしぐさが可愛い過ぎだよな。到着先のモグシーも何気にアクションしてるし」

タタロ「こまかいところに気を配ってますよねぇ」

カシム「でも、結構酷評な人が多いのが驚きだ。今までのファイナルファンタジーファン、略してFFFには受け入れてもらえなかったってところだろうか?」

タタロ「あんた前々から『ライトユーザー向きではないよなぁ』っていってましたよね」

カシム「人を選ぶだろうとは思ってたけど、本当に評価が真っ二つで笑う」

タタロ「主に戦闘システムが不評みたいですね」

カシム「発売前の公開情報で十分予想できた範囲内なんだがなぁ…。俺はこのシステムで満足なんだよねぇ。従来のコマンド型は飽きた。ボスより強い雑魚がフィールドにいるのも全然OKだし。いつも主人公のLVに合わせた敵が出てくるなんてご都合主義だし〜。逃げなきゃいけない敵と判断できるかどうか」

タタロ「いや、どうもオフラインゲームなのにオンラインゲームっぽくて受け入れられない人多いんじゃないですか? というかオンラインゲーム経験者は『場違いに強い敵』がいる状況にはなれてるでしょうから、そういう人向きなのかも」

カシム「12は元々オンライン用に開発してた物をオフラインにしたてあげて販売したなんて話も聞くからそうかもしれないけど。ガンビットなんてオンラインであったらスゴイ助かりそうな気がするシステム。最近のオンラインゲームはモンスターハンター以外やってないから、ひょっとしたらもうそういう機能付きのゲームがあるのかもしれんけど」

タタロ「まあ、発売後にどれだけ分析しようが、買っちゃってる人はもう買っちゃってるわけで」

カシム「正直、オモシロイと判定するのか、ツマラナイと判定するのかは、当人が実際にやってみないことにはわからん状況だと思う。キーポイントは戦闘システムだろうね」

タタロ「ムービーは皆綺麗って言ってますもんね」

カシム「あと、ヴァンの声か」

タタロ「…鬼武者1のアレよりかは…」

 72-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/03/20 


カシム「ヴァン+パンネロとその他の人々のLV差がついに10ひらいてしまった…」

タタロ「別に固定して使うならいいんじゃないですか〜?」

カシム「しばらくヴァン+パンネロ下げて違う面子でやろうかなぁ」

タタロ「今後パーティ離脱とかあるんですかね…?」

--------------まあ、FF12話なわけで---------------

カシム「うぎゃああああああ!! なにこいつ!」

タタロ「ボムですかね…? いや、ボムキングって名前出てますよ」

カシム「雑魚ボム召喚するなぁぁぁ! ちくしょう、とりあえず雑魚掃討してからだ!親玉は!」

タタロ「ウォータガ覚えてれば楽なんでしょうけどねぇ」

カシム「なんで弱点氷じゃなくて水なんだよぉぉぉぉ。よし、雑魚全滅させた。つーかMPやばいぞ。チャージ! チャージ!」

タタロ「あ、また召喚しましたよ」

カシム「…ひでぇ。またかよ」

タタロ「とりあえず、ブリザラ連発で瞬殺しといた方がよくないですか? また自爆されてもやっかいですし」

カシム「そうだな…よし、雑魚殲滅した。チャージ! チャージ! MPもたんっつーの」

タタロ「キングのファイラ鬱陶しいですね」

カシム「雑魚ボムのオイルがやっかいだな…もっとあぶらとり紙買っとくんだった…。エスナで消えないステータス異常マジうざい」

タタロ「あ、いいこと思いつきました。ガンビット変えましょ。@HP<50%の味方 ケアルダ A目の前の敵 針千本 とかどうです? 回復以外のMP節約ですよ」

カシム「お、いいかも。変更っと…おおおお、これはいけるかも! 強いぞ針千本! 買ってて良かった針千本! LP残してて良かったぞ針千本!」

タタロ「おおー。良い感じですね。もうちょいで倒せま…」

カシム「…ぉぃ。…なんだよ『治癒』を構えたって…!HP完全回復してんじゃねええええええ!!!!

タタロ「…卑怯っすねボムキング」

カシム「雑魚ボム召喚するなぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

タタロ「これはマジで全滅しちゃうんじゃないですか?」

カシム「やばい。強すぎ。とりあえず、雑魚殲滅しないと…ガンビットやめてブリザラ、ブリザラ」

タタロ「本気でMP尽きますねぇ。回復おいつかなくなってきてません?」

カシム「まずいな…。なんかボムキングの攻撃がやたら早い気がするんだが…って、さっきからこいつファイラしかしてきてねぇじゃん! まずいまずい、一瞬で700ダメージ受けてるし! HP回復オイツカネェ…MPチャージもオイツカネェ…」

タタロ「死にまくってますね。つーかよくフェニックスの尾50本も貯め込んでましたね。すごい役立ってるじゃないですか」

カシム「帝国兵の人々に感謝。しかし、ジリ貧だぞこのままだと…ううううううラストエリクサーぁぁぁぁぁ!!!

タタロ「うわ、ここで使っちゃいますか」

カシム「使うしかないだろが! HPもMPもなくなるっつーの!

タタロ「雑魚ボム召還しなくなったかわりに、さっきからファイラしかしてきてないですもんねぇ」

カシム「固まったらまとめて殺される。散開して戦わねば。デルタに位置して個々に針千本。あと時々回復」

タタロ「また治癒したらどうしましょっか…」

カシム「その時は…あきらめる…っておおおおおおおお倒したぞおおおおおお!!!!!

タタロ「おー! おめでとうございます! これで先すすめますね」

カシム「良かった良かった。早く帝都に向かわねばな。北へ〜北へ〜」

タタロ「お、サリカ樹林抜けれますね」

カシム「次のMAPはナプレウス湿原か。ここを抜けたら帝都かな? って雑魚TUEEEEEEE!!!! まてまてまて、普通に闊歩してる雑魚がLV40越えって…サリカ樹林では30ぐらいだったのに」

タタロ「道間違えたんじゃないですか?」

カシム「北へ来たらこうなったんだが…えーっとボムキングのとこから西へ向かう道があったよな…じゃあ、そっちかもな」

タタロ「…死都ナブディスに出ましたね。あ、フラン姐さんが『サリカ樹林を東に抜けるわよ』ですって」

カシム「…」

タタロ「…」

カシム「…東?」

タタロ「そう言ってましたよ」

カシム「…あ、モグが門の修理してる。モグ9匹集めてっと…おおーフォーン海岸に抜けれた」

タタロ「いやぁ、こっちが正しい道みたいですね」

カシム「あ〜そうだったのか〜ってボムキング倒さなくていいじゃん!!

タタロ「…普通はここで倒せないんじゃないんですか? 頑張ったんですよ…あんたは」

カシム「ラストエリクサーかえせええええええええええええ!!!!

 71-カシムとタタロのなげやりブログ 【 06/03/19 


カシム「うぬぬぬぬ」

タタロ「もういいんじゃないですか? ゲームすすめましょうよ」

カシム「いや、アーシェは実はミニスカじゃなくてホットパンツという情報をいただいたからには事の真偽を確認しなくては」

タタロ「だからといって、様々な角度からアーシェの尻にカメラが行くように試行錯誤してる姿はただの変態にしか見えませんから」

カシム「…いや、これは学術的探究心というやつで、ボクにはヤマシイ気持ちはこれっぽっちもないわけで…」

タタロ「存在自体がヤマシイ人が何言ってるんですか」

----------------やっぱりFF12話---------------------

カシム「しかし、今日は仕事が休みだからといってやりすぎたな…」

タタロ「無茶はほどほどに」

カシム「いまストーリーどの辺なんだろ。途中で何度も金稼ぎしに行ってたから時間の割には進んでない気がするんだよね」

タタロ「いちいちアイテムドロップしたやつ売るの面倒ですよねぇ」

カシム「落とさない時もあるし、ホント面倒。お金稼ぎのタメに雑魚狩りしまくってたらLVもかなりあがるし。で、アイテム売りまくってたら交易品が出てまた金かかるし悪循環してる気がしてしょうがない。あと売却専用アイテムつまらん。何か別の用途があれば良かったのに」

タタロ「全員の装備を整えるとか夢のまた夢ですね、コレ」

カシム「育てるキャラしぼった方が楽にすすめる気がするね」

タタロ「今LVいくつでしたっけ?」

カシム「ヴァン36、パンネロ32、あと26」

タタロ「偏ってきましたね」

カシム「それでも他の人たち入れ替え入れ替え育ててるんだけどな。あと、最近は黒魔法を重視するようになったなぁ。ファイラやサンダラといった『ラ』系覚えてから、魔法便利だわ」

タタロ「そういや、前までは全然黒魔法方面育ててなかったですよね」

カシム「キャラクターの成長の方向性は、ヴァン・フラン・パンネロを魔法型で、バルフレア・バッシュ・アーシェは物理型でいこうかと予定」

タタロ「…魔法買うにもお金かかりますねぇ」

カシム「お金マジ足りない。効率よく稼ぐとこどっかないかなぁ。ヒュエルバの魔石鉱でのスケルトン狩りも、どっかの森のパンサー狩りも今の物価じゃキツイ。覇王の剣入手後ですが、どっかいい狩り場ないですか」

タタロ「稼ぎやすそうなとこ見つけるまでストーリー進ませるのがいいんじゃないですかね」

カシム「うーむ。武器・防具・魔法・技・ガンビット…まだまだ買ってないのが山ほどあるというのに…。そーいや、ここまでストーリーすすめて思ったんだけど、…ヴァンっていらなくね?ガンダムSEEDのシン・アスカ並みに要らない子な気がするんだが」

タタロ「何言ってるんですか。FF12の主人公はバルフレアですよ

カシム「…ああ、そーいや、あいつ初登場の時にそう口走ってたな」