カシムのブログ

 270-カシムとタタロのなげやりブログ 【 07/12/15 】




カシム「ふふふふふふ、ついに手に入れたぜ、赤いPSP!! ズギャーン!!」

タタロ「効果音自分で言うとか」

カシム「うるせぇ、それだけテンションあがってるってこった!!」

タタロ「しかし、本当に買ったんですね。新型一台持ってるのに。もったいない」

カシム「使いもしないであろう、14万のペンタブを買おうという奴に言われたくないんだが」

タタロ「そ、それはちゃんと使うからいいんです! それに…あの皆さんのコメントみたら…ちょっと悩んでます」

カシム「GLEPがタタロの無駄遣いを未然に防いだか」

タタロ「あんたの無駄遣いはとどまることを知りませんがね」

カシム「そんなことはない。最近は家計簿もつけてる。ただ赤色に関しては制御機能が備わってないだけで




タタロ「決壊しまくりの防波堤ですね」


カシム「支出内訳、赤色 22800円」

タタロ「うん、その支出内訳おかしいですから。普通は、娯楽や趣味に分類されるものですから」

カシム「まあ、もう買ってしまったものは仕方ないじゃないか。とりあえず、液晶保護フィルター貼ろう」

タタロ「キレイに貼れたらいいですね。空気はいるとガッカリするんですよねぇ、あれ」

カシム「ふふふふふ、拙者を誰だと思ってる」

タタロ「痛い人ですかね」

カシム「それはそれとして。液晶フィルター貼るのは結構得意なんだぜ!?」




タタロ(…痛い人はいいんだ)

カシム「最近のフィルターは貼り易く作ってくれてあるしさ。まず下層のビニールシートはがしてっと…。隅っこから徐々に貼っていくのがポイントだな。空気押し出しながら」

タタロ「空気が上手く抜けないんですよ」

カシム「指で押し出そうとするとなぁ。そこでキャッシュカードや会員カードなどの硬質素材の出番だ。これで押し出せば比較的簡単だぞ」

タタロ「フィルターに傷入りませんか?」

カシム「そのために上層にもビニールシート付いてるんだろ」

タタロ「ああ、なるほど。それ最後に剥がしますもんね」

カシム「指紋を防ぐだけじゃないんだぜ? まあ、あまりきつくやると傷貫通するから注意だけど」

タタロ「おお、さすがに豪語するだけあってキレイに貼っていきますね」

カシム「ふふふふ、あとはこの上層シート剥がして…どりゃあああああ!!! おっしゃああ!! 見ろタタロ!! 気泡一つないこの画面を!!!!!」

タタロ「おおーすごい、気泡一つないですね!!」

カシム「だろ!? これだけキレイに液晶フィルター貼れるのは拙者…ん? んんんんんん?」

タタロ「どうしました?」

カシム「ごめん、上層シートと一緒に液晶フィルター剥がれてたわ

タタロ「…相変わらずアホですね。無駄だらけで、アホで」


カシム「悪かったな。でも、無駄は大切なんだぞ」


タタロ「ええー。無駄が無いほうが効率的で良くないですか?」



カシム「無駄があるから思い出になるんだろう。たとえ道に迷っても、その苦労はいつか笑い話になる。辛いことが記憶に楔を打ちつけ、思い出となるんだろ?」

タタロ「うん、そうですけど」



カシム「無駄のない道の終わりで振り返ったときに、そのまっすぐの道はどんな景色に映るんだい?  整然として美しいかもしれないけど、拙者はそんな道は、いらんよ。バカでも良い。苦労もするけど、それでも振り返ってみたら色んな物が散らばってる泥臭い人生で結構」


タタロ「わかりますけどね」



カシム「だから、だ」



タタロ「はい」



カシム「だから、拙者が赤いPSPを買うのは正当」

タタロ「それは、わかりませんけどね」



―――――カシムコレクション―――――




 269-カシムとタタロのなげやりブログ 【 07/12/10 】


カシム「すれ違い通信にしたまま忘れてて数日カバンの中に放置してたら電池切れてて通信結果が無に帰した」

タタロ「出先から帰ったら確認すべきでしたね。で、何のすれ違い通信やってるんですか?」

カシム「ドラゴンクエスト4」

タタロ「ああ、移民の町ですか。ちょうどよかった僕のとすれ違いやってくださいよ」

カシム「おう、構わんよ」



〜〜〜〜〜通信中〜〜〜〜〜

新しい住人がやってきたようです!




タタロ「おお、来ました来ました。ちょっと見てきましょうかね」


(カシムのDQ4から来た住人)
   ゾンビ「かゆ…………………………
       うま……… …………  」

   ゾンビ(20代 おとこ)
   とくぎ  :たべあるき
   しゅっしん:ラクーンシティ



タタロ「ぎゃああああああああ!! 変なのきたーーーー!!


カシム「変なのとは失礼な。ゾンビさんに謝れ」


タタロ「うちの町がTウイルスに感染しそうですごい嫌なんですが」


カシム「拙者なんて、『ラクーンシティに新しい住人がやってきたようです!』っていうメッセージ見るたびに、『何も知らずに可哀想に……』って思う」


タタロ「自分で名前つけたくせに」


カシム「これでも大分悩んだんだけどね。悩んだ末に」

タタロ「悪夢の町に。いやいやいやいや」


カシム「がんばって発展させるぞー」

タタロ「発展の裏でアンブレラが活躍してそうで嫌ですね…」


カシム「がんばってすれ違いするぞー」

タタロ「受信したらとりあえず『ギャーー』ですよね」


カシム「この前難波行ったときにすれ違い通信しておいたら何人かとはすれ違えてたっぽい」


タタロ「感染拡大させないでください」




〜〜〜〜おまけ〜〜〜〜

カシム「ハンター×ハンター今週で終わりだってさ」

タタロ「完結したんですか?」

カシム「いや、全く持って途中。来週からまた休載だって」

タタロ「また作者取材のため〜とかですかね」

カシム「正直もう作者冨樫のため休載しますでいいよ。変な理由つけなくても、もう皆わかってる」


 268-カシムとタタロのなげやりブログ 【 07/12/06 】


タタロ「液晶ペンタブレットいいですねぇ」

カシム「…は?」


タタロ「すごく使い易そうじゃないですか」



カシム「いやいやいやいや、拙者が疑問なのはそこじゃない。お前絵描かないだろうが



タタロ「何言ってるんですか。僕だってたまには描きますよ」

カシム「描いてるとこ見たことねぇ」





タタロ「年賀状とか」

カシム「どう考えてもペンタブいらんよね?


タタロ「いや、でも、これすごく便利そうじゃないですか」


カシム「しかもなんでよりによって液晶ペンタブレットなんだよ! なんで一足飛びに最高級品質狙ってるんだよ! お前はFAVOの一番安いやつから始めりゃいいだろうが!」

タタロ「日経で取り上げられてて惹かれました」

カシム「いやいやいやいやいやいや。辞めとけ豚に真珠、猫に小判だから。値段いくらすると思ってんだ」



タタロ「14万ですかね」

カシム「年一回しか活躍しないのに14万はおかしいだろ!


タタロ「いや、見事に活用して見せますよ!!」


カシム「お前にはプリントごっこで十分だ」






タタロ「…すごく久しぶりにその名前聞いた気がします」

カシム「今も現役で使ってる人いるのかなぁ………」



タタロ「とにかく! 僕は液晶ペンタブレット買いますから! 買ってあんたに自慢してやるんです!!」

カシム「お前…いつからそんなひねくれものに」

タタロ「予約してきますからーーー!」(フェードアウト)

カシム「………………(どうせ使わないだろうし、あいつが買ったら拙者が使うか)」


 267-カシムとタタロのなげやりブログ 【 07/11/29 】


ゲスト「あなたと合体したい…」

カシム「………………何キモイこと言ってるんすか」

ゲスト「あ、いや〜実はパチンコの『創聖のアクエリオン』に最近はまってましてね」

カシム「ああ、CMバンバンやってますね。『気持ちいいぃぃ!』とかでお茶の間を凍らせてると評判ですけど」

ゲスト「確かにああいうCM投下はどうかと思いますが。でもまあ、私は一万円と二千円以内に確変引いたので全然OKです。ああ、そうだポテトチップス食べます?」

カシム「あ、ども。いただきます。パチンコの景品っすか」

ゲスト「いや違います。拾ったやつですよ(笑)」

カシム「またまたぁ〜。あーでも久しぶりにポテチ食べますわ。食べだすと止まらないんですよね、こういうの」(ボリボリ)

ゲスト「気持ちはわかります」

カシム「さっきから拙者一人で食べてるけど、ゲストさんは?」

ゲスト「ああ、私は口内炎があるので遠慮しておきますよ。沁みるので」




タタロ「あ、カシムさんも来てたんですか」

カシム「よぅ、タタロ」

タタロ「そういや年末ジャンボ発売になりま…………あれ? あんた何食ってるんですか」

カシム「ポテチ。タタロも食うか?」

タタロ「つうか、それさっきゲストさん拾ってたやつじゃ?」



カシム「ぶっ!!!!!!!!! え? マジで言ってんの!?






ゲスト「そうですよ」

カシム「嘘だと言ってよ、バーニィ!!




ゲスト「最初にそう言ったじゃないですか」



カシム「パチンコの話からつなげたら景品だと思うだろうがああああああああああ!!!!!!!



ゲスト「いやぁ、よく食べれるなぁと感心してました」



タタロ「あんた、ついに拾い食いまで……」



カシム「違う! これは巧妙な罠にはめられただけだ! 拙者は断じて拾い食いなどしないし、そこまで落ちちゃいない!! …でももったいないから最後まで食べよう」

タタロ「結局食うんすか」

カシム「…毒食わば皿まで」




〜〜〜〜〜おまけ〜〜〜〜〜

カシム「年末ジャンボ……番号6桁中5桁が『1』とか当たるわけねぇぇぇぇぇ!!!!!!」

タタロ「あんた相変わらず酷い番号買ってきますね……」

カシム「拙者のせいじゃない…これは政府に仕掛けられた罠だ…」

タタロ「いや、十分あんたの運の悪さです」

カシム「戦う前から負けてるというのはこういうことか」


 266-カシムとタタロのなげやりブログ 【 07/11/22 】


〜〜〜〜ちょっと前の話題ですが〜〜〜〜

タタロ「そういえば『メガ牛丼』食べました?」

カシム「あれだろ? すき家のやつだろ? 3倍の性能を持つという。『まだだ! まだ(食べ)終わらんよ!』って奴」

タタロ「ちょっと表現が違いますが、おおむね合ってます。ごはん大盛り、牛肉3倍。大盛で満足できなかったお客さまの声にお応えしましたっていう」

カシム「食ったよ」

タタロ「やっぱり。あんたなら飛びつくと思ってました」

カシム「…足らんかった

タタロ「え…?」

カシム「足らんかったって言ったんだ! 食べた後にチーズカレーの並盛頼んだら、店員のお姉さんちょっと引いてたよ……」

タタロ「どんなけ底なしなんすか」

カシム「ちまちま食うのは性に合わん。男は豪快に大量に。というわけで、すき家はそろそろお客さまの要望にお応えして『ギガ牛丼』を作るべきだと…」

タタロ「要望ないですから

カシム「ギャル曽根あたりは渇望してると思うが」

タタロ「それはギガ牛丼でたところで無意味でしょう。もっとランクが上だと思いますが」

カシム「ヨタ牛丼あたりか
※メガ→ギガ→テラ→ペタ→エクサ→ゼタ→ヨタ

タタロ「…想像するだけで胸焼けがしますね……」

カシム「さすがに拙者も無理だな」

タタロ「なんか、メガ牛丼と並盛カレー食っただけのあんたなんて霞んで見えますね」

カシム「うむ、拙者なんてそんなに大食漢でもなんでもないよ(そう思わせておこう)」





〜〜〜〜〜おまけ〜〜〜〜〜

タタロ「メダルオブオナー アボーン」

カシム「貴様突然何を…?」

タタロ「雑誌のゲーム発売ラインナップ見たら目に付いたんで」

カシム「それ、『あぼーん』じゃなくて『エアボーン』な」

タタロ「あ、ホントですね」

カシム「メタルオブオナー始まったな。って一瞬思ったじゃねーか」

※【メタルオブオナー】第二次世界大戦を体験できる大人気FPSシリーズ。エアボーンではステージ開始時、パラシュート降下で始まり好きな地点からミッションを開始できる。
※【あぼーん】2ちゃんねるにおける投稿削除の表示。「破損」「消失」「死」についての婉曲表現として使われることも。


 265-カシムとタタロのなげやりブログ 【 07/11/20 】


カシム「さて、通常営業といこうか」

タタロ「あ、はあ。まあいいですけど。そういえば手紙来てましたよ」

カシム「誰から?」

タタロ「○○中学校から」

カシム「ああ、なんだ。職業体験にきてた奴らか」

タタロ「そんなのもやってましたね。つうか、あんたが何か教えるとか…ひねくれた子たちにならなければいいですが」

カシム「…お前拙者をなんだと思っとるんだ」

タタロ「変な人…でしょうか」

カシム「困った顔して言わないでくれ。いくらなんでも教育任務ぐらいちゃんと真面目にやるさ」

タタロ「それならいいんですが。えっと、これ実習の感想文ですね」

カシム「こういうの来るから嬉しくて、本業忙しくても実習願い断れないんだよね。まあ感想文なんて授業で半強制的に書かされてるんだろうけど」

タタロ「ひねくれた解釈やめましょうよ」

カシム「それでも嬉しいからいいんだよ。で、内容は?」

タタロ「えーっと、4人分ありますね」

カシム「4人来てたからな。これで3通しかこなかったら拙者泣くぞ」

タタロ「失礼して読ませていただくと………ん、思いの他ちゃんと教えてたんですね」

カシム「当たり前だろう」

タタロ「『掃除の重要さを教えてもらいました』とか『作業のない待機時間の活用のしかたを教わりました』とか『チームワークの重要さを教わりました』とか。あんたが教えたとは思えないんですが」

カシム「部屋は汚いし、自分勝手だし、待機時間なんてものがそもそも拙者には無く終日フル活動だからそんなものを活用したことすらないわけだが」

タタロ「理想論もいいとこですよね」

カシム「教育のためには自分ができないこともさもできてるように教えなきゃならんもんだよ。そうして子供達の理想が高まる分には良いんじゃないのか」

タタロ「それはわかるのですが…でも、どの子も書いてる『カシムさんが面白く優しく教えてくれたので楽しく体験ができました』というのは…」

カシム「緊張してると拙者のしゃべったこと頭に入らんだろうと思って、かなりネタトークも交えつつ教えてたからなぁ」

タタロ「まあ、良いことなんでしょうけど勉強に来てるわけですからほどほどにしないとダメですよ」

カシム「余計な話ばっかり覚えてて、仕事の内容忘れてたりしてな。教育マニュアルをすごく噛み砕いて、心構えとか山ほど教えたけど、書いてあるの『掃除』『挨拶・礼儀』『チームワーク』の3つだけだもんな」

タタロ「だから心配なんですが」


 264-カシムとタタロのなげやりブログ 【 07/11/09 】


タタロ「もうすぐ、真三国無双5の発売ですね」

カシム「11日だっけ。早く出ないかな。猛将伝

タタロ「気が早すぎます

カシム「いや、だってよ、まことしやかに囁かれる『キャラ数減少』の事考えたら、もう猛将伝買うしかないだろ」

タタロ「まだ噂の段階でしょう?」

カシム「なんかネットで超フラゲット組がすでにいて、確定が出てるとか…消えたのは●人だとさ」

タタロ「……まあ、猛将伝に期待しましょう」

カシム「ほら、やっぱそうなるだろ?

タタロ「でも、消えたの一桁で良かったですよ」

カシム「ある意味全員消えて、全員新キャラみたいなもんだけどな」

タタロ「そういえばグラフィックがずいぶん変わったんですよねぇ。賛否両論だとか」

カシム「…賛あるのか?」

タタロ「武器も変わって、本当に全員新キャラみたいなもんですよね」

カシム「ぶっちゃけ拙者は司馬懿がいれば後はまあ」

タタロ「愛着ないんですか。 あ、そうだ。そういえば聞きました?」

カシム「何をだ。値下げの話ならもう…」

タタロ「いつまで引っ張るんですか。違いますよ。PSPの新色ですよ」

カシム「あれ? また新しい色出るのか」

タタロ「ディープレッドだそうで

カシム「買うわ

タタロ「即決!? いやいやいや、あんたもう新型のPSP持ってるでしょうが!?」

カシム「ああ、この画面の真ん中付近にドット欠けのあるPSPな。クライシスコアのムービーみてたら、どう見てもジェネシス達にニキビがあるようにしか見えない、このPSPな。本当にありがとうございました」

タタロ「一台あれば十分でしょう? アホですか!?」

カシム「赤は別腹」

タタロ「…またわけのわからんこと言いだしましたね」

カシム「でもどんな色か確認しときたいな。困ったときのグーグル先生…と」

タタロ「ああ、それですそれ」

カシム「お、なかなかいいじゃないか。でも、お前、これ、バリューパックかワンセグパックしかないじゃねーか!」

タタロ「どちらもメモリースティックとポーチが付いててお買い得です」

カシム「メモステも既に4GBと1GB持ってるし、ポーチもワンセグチューナーも持ってるつーの!! なんで単品でないんだ」

タタロ「買い替えなんて考えてないでしょう。このタイミングで」

カシム「おいおい拙者のこと、忘れてもらっちゃこまるぜ?」

タタロ「人間にカウントされてないから仕方ないですよ」

カシム「お願いですから基本的人権ぐらい守ってください」

タタロ「ね? ここに来てわざわざ新しく買うだなんて馬鹿げてるでしょ?」

カシム「うむ…そうだな……。とりあえず……ゲストさんに電話だ。予約いれよう」

タタロ「結局買うんですか」




カシム「あ、ゲストさん?」

ゲスト『どうも、こんにちは。どうかしましたか?』

カシム「なんか12月13日にPSPの新色でるらしいじゃん。バリューパック予約入れてくださいよ」

ゲスト『いや、あなたもうPSP新型もってるでしょう? やめといたらどうです? アホですか?』

カシム「…一日に2回も同じセリフでアホ呼ばわりされるとは思わなんだ」

タタロ「どう考えてもお金の無駄遣いです。アホです」

カシム「うるさいな。あーゲストさんとりあえず予約いれておいてくださいよ。頼みますよ」

ゲスト『カシムさんらしいですね。わかりました。それじゃ』

タタロ「前のPSPどうする気ですか。売ります?」

カシム「いや、売らん。ドット欠けで値引き査定されるのも癪に障るし。…このままカスタムファームウェアぶっこんでエミュ機にしてやろうかな…」

タタロ「…なんかもったいないですねぇ…PSP2台とか。旧型いれたら3台目でしょうに」

カシム「おいおい、何も拙者はPSPを買うわけじゃないんだぜ? 拙者は、そう、夢を買うのさ」

タタロ「全然うまくないですから」


 263-カシムとタタロのなげやりブログ 【 07/11/01 】


タタロ「大変です!」

カシム「どうした? もう値下げの話はいいぞ」

タタロ「GLEPが閉鎖の危機です!!」

カシム「…」

タタロ「…冗談とかじゃないですからね?」

カシム「…いや、わかってるよ。NESTAGEの内部事情は多少知ってるし、いつかこういう日が来るだろうとは思ってたが…」

タタロ「寂しくないんですか!?」

カシム「寂しいけど、経営の話だからなこれは。なくなったら嫌だ!って言えるほど、拙者利益貢献してないし。というか、ついぞ一度もGLEPで買い物してないし」

タタロ「…まあ、僕もそうですけど」

カシム「ゲーマーが堂々とゲームの話を語れる快適なスペースだったんだがなぁ…GLEPは。メンバーの皆も素敵で、非常に居心地が良い空間なのだが。正直、無くなってもらっては困る。だが、今できることは、運営継承が成立することを祈るだけだよ」

タタロ「そうですねぇ…まだ無くなるって決まったわけじゃないですもんね」

カシム「運営継承が決まっても、無くなるにしても、どちらにしても12月末で今のGLEP事務局の方々は手を引くわけだ。今はただGLEP事務局の方々に多大なる拍手をお送りすべきだろう。いままで無料でスペース貸してくれてありがとう、と」

タタロ「うう、切ないですね」

カシム「まあ、最終回にはまだ早い。いましばらくこの”ゲーム好きが集うGLEP”を楽しませてもらおうじゃないか」

タタロ「ここがなくなったとしたら、その先、あんたはどうするんですか?」

カシム「拙者は自分のホームページがあるからなぁ。そっちに集中するか、もしくは違う形でブログさがすか。今はまだ未定だね。ここの他の人がどうするのか、ちょっと意見聞きたいところではある」

タタロ「せっかくいろんな人と仲良くなれたのに、このまま散り散りは寂しいですもんね」

カシム「一応拙者的には…」

@GLEPファイナルまで付き合う。運営継承できれば問題なし。
ただし、運営継承ならなかったときの為に、あらかじめ皆と意見を交わして良いブログを探しておく。



A自分のサイトにひきこもる。

カシム「の2択になるかと。とりあえず、ブログのバックアップを取り始めないとなぁって感じですわ。あ、ちなみにpixiv(ピクシブ)には既に参加してたりします。友人に強制参加させられました」

タタロ「そんな感じですかね」

カシム「さて…話題にあがりまくってるだろうし、皆のブログ覗きに行くかな…」


 262-カシムとタタロのなげやりブログ 【 07/10/15 】


ちょっと間が空いたのでリアルタイムな話題ではないですが。



〜〜〜最近のカシムさん〜〜〜

タタロ「おおおおおおお」

カシム「あん? 何だ? どうした?」

タタロ「ついに来ましたね」

カシム「何の話だ」

タタロ「値下げですよ。値下げ」

カシム「…? なんの?」

タタロ「PS3ですよ!」

カシム「うわははははは! 何の冗談だタタロよ。TGSでそんな発表されてないだろうが」

タタロ「いや、でも、ほら」

カシム「…」

タタロ「ね? 新型40GBが39980円。従来型は5000円値下げですって」

カシム「…」

タタロ「どうしたんすか?」

カシム「ちょwwwwおまwwww先週買った拙者はどうなるwwwwwwww

タタロ「え゛…? PS3買ったんですか?」

カシム「あぁぁぁあああああん!? どーいうこった!!? 値下げしねぇ発言をしてたじゃねぇかよ!!!」 ※参照

タタロ「確かに『TGSでは』値下げしないっぽい話でしたねぇ…」

カシム「おまwwwww 値下げしないって言うから、真三国無双5やりたいし諦めて買ったのにwwww 酷くねwwww」

タタロ「ショックのあまりか、言葉がおかしくなってますよ」

カシム「ちょっとソニー乗り込んできますね(´▽`*)」

タタロ「いやいや、タイミングが悪かったと諦めましょうよ」



〜〜〜最近のカシムさん〜〜〜

タタロ「おおおおおおお」

カシム「あん? 何だ? どうした?」

タタロ「移籍しましたね」

カシム「何の話だ」

タタロ「モンハンですよ。モンスターハンター」

カシム「…? 何のことだ」

タタロ「いや、モンスターハンター3の発売が、PS3からWiiに変わったって話ですけど」

カシム「…おまwww また拙者驚かそうとしてwww そんなバカなww ハイデフな環境はPS3ですよ?wwww」

タタロ「いや、ほら。本当ですから。ね?」

カシム「…」

タタロ「どうしたんですか?」

カシム「おいおいおいwwww 将来的なモンハン3を見越しての拙者のPS3購入決断だったのにwwww これだったらXB360のACアダプタ手配して360で真三国無双5買えば良かったじゃねーかwwwwwww」

タタロ「また、言葉がおかしくなってますよ」

カシム「ちょっと、カプコンに乗り込んでくるわwwwwwww」

タタロ「いや、だから本当にやめてください」




〜〜〜最近のカシムさん〜〜〜

タタロ「おおおおおおお」

カシム「…聞きたくない。もう何も聞きたくない」

タタロ「いいんですか?」

カシム「お前、なんか楽しそうだな」

タタロ「少し、楽しいです」

カシム「…この野郎。まあいい。聞いてやる今度はなんだ」

タタロ「真三国無双5同梱版のPS3本体が出るそうですよ」

カシム「…」

タタロ「…」

カシム「qあwせdrftgyふじこlp

タタロ「…壊れた」

カシム「…ちょっとkoeiに乗り込んでくるわ( ´ー`)y-~~」

タタロ「だからやめて下さいってば」


〜〜〜最近のカシムさん〜〜〜

タタロ「…なんか、17日以降のPS3購入者にブルーレイディスクのスパイダーマン3が付くらしいですよ」

カシム「…」

タタロ「…」

カシム「…」

タタロ「…」

カシム「オワタ\(^o^)/

タタロ「まあ、確かにいろいろ終わってますね」


 261-カシムとタタロのなげやりブログ 【 07/09/21 】


カシム「トーキョー! ゲーム! ショオオオオオオオオオオオに行くぞおおおおおおお!!!」



カシム「えー……現在、午前5:00です。夜も明けぬ、漆黒の帳の中、TGSに向かいたいと思います。ちなみに拙者、昨日は24:00まで勤務してましたので…一睡もしてません。寝たら起きれなさそうだしね。徹夜でTGSです。誰だこんなスケジュール段取りしたやつは…!」


まあそんなスケジュール立てたのは拙者なんですけどね。というかそれしかスケジュールがとれなかったというか。タタロとは後ほど電車内で合流。

〜〜〜〜〜

タタロ「おはようございます」

カシム「…おはよう」

タタロ「ネムそうですね? ちゃんと寝たんですか?」

カシム「いや、徹夜で来るって言ったろう?」

タタロ「あれ、本気だったんですか」

カシム「本気も何もそれしか段取りが…まあいいや、拙者電車内は睡眠時間にするからな。寝るから。よろしく」

タタロ「わかりました、寝てください」

カシム「うむ…おやすみ」

タタロ「ああ、そうそう。僕ね、今日やっとクライシスコア開封するんですよ」

カシム「…そうか」

タタロ「電車内はしっかり遊ぼうと思って、PSPも新型・旧型ふたつとも持って来ましたよ」

カシム「…そうか」

タタロ「カシムさん、クリアしたんですよね? おもしろかったですか?」

カシム「…お前、寝させる気ないだろ」



〜〜〜新幹線内爆睡〜〜〜



カシム「幕張メッセついたーーーーーーーーーー!!!」



タタロ「……なんかいますよ」

カシム「……なんかわからんから放置しよう。中に入ろうぞ」




カシム「…おお、これが! 東京ゲームショウ! 千葉でやってるのに東京ゲームショウ!」

タタロ「それを言ったら…ディズニーランドだって…」

カシム「おい、タタロ! パンフ取り放題だぜ! 山ほどもらおうぜ!」

タタロ「やですよ、意味のない」

カシム「おおおおお、すげえすげえ、ブース凝ってるなぁ…!」

タタロ「うほーーー。どこもお金掛けてますねぇ…」






カシム「真三国無双5の試遊できるぞ! これはやらねば…!」

タタロ「あ、それは僕もやります!」


〜というわけで、こんな調子で紹介してたんではいつまでたっても書き終わらないので、入手情報を適当に列挙〜

コーエー:真三国無双5が熱い!! 三国無双シリーズにはなかった「回避」システムがようやく導入され、遊びやすさがぐんとアップ。キャラクターデザインの一新は賛否両論でそうな感じですが。従来のキャラのファンとしては、なんかいまいちしっくりこない。慣れの問題でしょうかね。とりあえず、劉備がショボかったり、関羽が勇者ロトだったりと、なんだかなぁ、な部分はありますが、ゲームはかなり良い仕上がり。櫓登って弓兵倒して、そのまま櫓から飛び降りて下の敵に攻撃とか、楽しかったです。

スクエニ:ムービースペースに入るのに並ばないと入れませんでした。FF13の画像はやっぱり死ぬほど奇麗です。キングダムハーツの続編?が、DS・PSPで出ます(別物。あと携帯アプリも)。
ディシディアファイナルファンタジーのムービー見てたら欲しくなった。PSPのFFの未来は明るいか。
あと、FF7アドベントチルドレンのブルーレイディスク版は、今までのDVD・UMD版と違うシーンがいくつかあります! やばい、これは見なきゃならん…! クラウドがセフィロスに肩をさされたシーンにアクションとセリフが追加されてるのは確認しました! 欲しい。つうか、真三国無双5の事も合わせて、拙者PS3購入決定。もー買う。買うしかねぇ。
スターオーシャンのPSP版もかなり良いリメイクっぷりです…!! これも買わなきゃ…あれ?おかしいな、スクエニのソフトの購入決定がかなり多くなったぞ…?
DSのドラクエ4、FF4もかなり良さげ。普通に楽しめそうです。

カプコン:気がつけばトークショーやってて…なんと、モンスターハンターポータブル2nd「G」を発売するという発表が!!! しかし、トークショーほぼ終わりで、何も情報得られなかった…不覚…! 発売予定日とか…いつだ…。

レベル5:…並び過ぎ! なんでこんなに人が並んでるんじゃ! と思ったら、なんと、TGS限定「イナズマイレブン体験版+レイトン教授とロンドンの休日」というDSソフトを無料プレゼントしてるじゃないか!!
…無論並びました。40分待ちぐらいだった。
このレイトン教授とロンドンの休日なんですが、これは「レイトン教授と悪魔の箱」の体験版というわけではなく、1と2の間を補完するミニストーリーだったりします。しかも、これ、販売予定はないそうなので、すげー貴重なソフトなんじゃないの!? …ゲットv
あと、まったくノーマークだった「イナズマイレブン」に洗脳されました。キャプテン翼のようなハチャメチャサッカーゲームです。おもしろそう。

他:なんかいろいろありました(笑)
バイオハザードアンブレラクロニクルズとか、デビルメイクライとか、メタルギアソリッドとか、すごいどころも目白押しでスペースありました。セガのナイツのスペースも見た目良かった。入らなかったけど。
会場回ってたらどんどんカバンが重くなっていく。気がつけばパンフが山ほど。確認せずにもらってはバッグに詰め、もらってはバッグに詰め。
戦利品



コンパニオンのお姉さんも沢山おられましたが、露出度高い女性をじろじろ見たり写真に収める趣味はない(というか拙者はそういうの苦手)ので撮ってません。
というのも期待してた人に申し訳ないので、一人だけ。真三国無双5のブースにおられたお姉さんです。







タタロが会場で、やたらでかい布バッグをもらっていましたが、萌え絵がデカデカとプリントされてて恥ずかしいので拙者はスルー。それを平気で新幹線持ち込みするタタロに若干の敬意を払うw やるなこいつw


結局帰りの電車も爆睡。
往復で睡眠時間5時間ぐらいはとれたので、まあいいかなとは思ってますが。しかし、こういうイベントを日帰りとか、しんどすぎる…!

まあ、そんなこんなで、無事行ってまいりました。
もう少し段取り良く回れたらなぁ。と反省点も多し。
明日以降にTGS行く方は、レベル5は早々に押さえた方がいいですよ!